・厨房思案 第84話
・厨房思案 第83話
・厨房思案 第82話
・厨房思案 第81話
・厨房思案 第80話
・厨房思案 第79話
・厨房思案 第78話
・厨房思案 第77話
・厨房思案 第76話
・厨房思案 第75話
・厨房思案 第74話
・厨房思案 第73話
・厨房思案 第72話
・厨房思案 第71話
・厨房思案 第70話
・厨房思案 第69話
・厨房思案 第68話
・厨房思案 第67話
・厨房思案 第66話
・厨房思案 第65話
・厨房思案 第64話
・厨房思案 第63話
・厨房思案 第62話
・厨房思案 第61話
・厨房思案 第60話
・厨房思案 第59話
・厨房思案 第58話
・厨房思案 第57話
・厨房思案 第56話
・厨房思案 第55話
・厨房思案 第54話
・厨房思案 第53話
・厨房思案 第52話
・厨房思案 第51話
・厨房思案 第50話
・厨房思案 第49話
・厨房思案 第48話
・厨房思案 第47話
・厨房思案 第46話
・厨房思案 第45話
・厨房思案 第44話
・厨房思案 第43話
・厨房思案 第42話
・厨房思案 第41話
・厨房思案 第40話
・厨房思案 第39話
・厨房思案 第38話
・厨房思案 第37話
・厨房思案 第36話
・厨房思案 第35話
・厨房思案 第34話
・厨房思案 第33話
・厨房思案 第32話
・厨房思案 第31話
・厨房思案 第30話
・厨房思案 第29話
・厨房思案 第28話
・厨房思案 第27話
・厨房思案 第26話
・厨房思案 第25話
・厨房思案 第24話
・厨房思案 第23話
・厨房思案 第22話
・厨房思案 第21話
・厨房思案 第20話
・厨房思案 第19話
・厨房思案 第18話
・厨房思案 第17話
・厨房思案 第16話
・厨房思案 第15話
・厨房思案 第14話
・厨房思案 第13話
・厨房思案 第12話
・厨房思案 第11話
・厨房思案 第10話
・厨房思案 第9話
・厨房思案 第8話
・厨房思案 第7話
・厨房思案 第6話
・厨房思案 第5話
・厨房思案 第4話
・厨房思案 第3話
・厨房思案 第2話
・厨房思案 第1話
・マスターの独りごと


・新館マスターのページ
厨房思案 第四話

「フード ハズ ノー フェイス(Food has no face)」

僕が子供の頃(昭和30年〜40年代)はどこに行っても「店の主」がいた。
コンビニやファミレスなどはもちろんなく、一軒一軒「○○屋」さんと分かれていて、必ずそこに「ご主人」や「おかみさん」「二代目」などのお店の「顔」がいた。うなぎ、天ぷら、おそば、お鮨、豆腐屋、佃煮屋、かまぼこ、牛乳屋、足袋、駄菓子、洋服、自転車などなど、各々おのおのが独立したお店として成り立っていた。

最近では生活に欠かせない物や家電などは大手のスーパーや量販店で取り扱うようになって値段もサービスも便利このうえないと感じるが、僕にとって「口に入るもの」はずいぶんと不便になってしまったなぁと時々思うことがある。

豆腐屋のご主人が、自転車に乗って小さいラッパを吹きながら、自分で造った豆腐をコツコツと売り歩く姿はもう最近では見かけなくなった。母と一緒につてゆき、ショーケース越しに牛肉をながめ、「スキヤキかい?」なんてひやかしてくれる店のご主人。、家の近くにあった手造りの「かまぼこ屋」さんなどは紙にくるんで「僕、ひとつおあがり」とアツアツのやつをくれたりした。
ご主人やおかみさんが段々年を重ねて、体も不自由になり、自分で思うように造れなくなったら二代目に譲ればいいが、「あと」がいなければ廃業するしかない。もうこの味は二度と口に入らない。夢まぼろしの如くなり、という訳だ。

24時間、いつでもどこでも腹がへったらなんでも口に入るこのご時世に、「主(あるじ)不在の顔のない食いモノ」に腹を満たす自分がいる。そんな自分をなかなか癒せない。

ところで、「僕が死んだら店は息子がやるのだろうか……?」なんてことをフッと考えていたら、

……お客さんが入ってきたので、この辺で忘れてしまった。。

                                      …… つづく ……
トップ   メニュー   店舗案内   ご予約   お知らせ   スタッフ   地図