・厨房思案 第84話
・厨房思案 第83話
・厨房思案 第82話
・厨房思案 第81話
・厨房思案 第80話
・厨房思案 第79話
・厨房思案 第78話
・厨房思案 第77話
・厨房思案 第76話
・厨房思案 第75話
・厨房思案 第74話
・厨房思案 第73話
・厨房思案 第72話
・厨房思案 第71話
・厨房思案 第70話
・厨房思案 第69話
・厨房思案 第68話
・厨房思案 第67話
・厨房思案 第66話
・厨房思案 第65話
・厨房思案 第64話
・厨房思案 第63話
・厨房思案 第62話
・厨房思案 第61話
・厨房思案 第60話
・厨房思案 第59話
・厨房思案 第58話
・厨房思案 第57話
・厨房思案 第56話
・厨房思案 第55話
・厨房思案 第54話
・厨房思案 第53話
・厨房思案 第52話
・厨房思案 第51話
・厨房思案 第50話
・厨房思案 第49話
・厨房思案 第48話
・厨房思案 第47話
・厨房思案 第46話
・厨房思案 第45話
・厨房思案 第44話
・厨房思案 第43話
・厨房思案 第42話
・厨房思案 第41話
・厨房思案 第40話
・厨房思案 第39話
・厨房思案 第38話
・厨房思案 第37話
・厨房思案 第36話
・厨房思案 第35話
・厨房思案 第34話
・厨房思案 第33話
・厨房思案 第32話
・厨房思案 第31話
・厨房思案 第30話
・厨房思案 第29話
・厨房思案 第28話
・厨房思案 第27話
・厨房思案 第26話
・厨房思案 第25話
・厨房思案 第24話
・厨房思案 第23話
・厨房思案 第22話
・厨房思案 第21話
・厨房思案 第20話
・厨房思案 第19話
・厨房思案 第18話
・厨房思案 第17話
・厨房思案 第16話
・厨房思案 第15話
・厨房思案 第14話
・厨房思案 第13話
・厨房思案 第12話
・厨房思案 第11話
・厨房思案 第10話
・厨房思案 第9話
・厨房思案 第8話
・厨房思案 第7話
・厨房思案 第6話
・厨房思案 第5話
・厨房思案 第4話
・厨房思案 第3話
・厨房思案 第2話
・厨房思案 第1話
・マスターの独りごと


・新館マスターのページ
厨房思案 第十一話


「テレパシー」

厨房で仕事をしている時に、ふとお客さんの名前や顔が浮かぶことが、時々ある。
仕込みなどの時は集中している筈なのに、なせかポッと頭に浮かんでくる。

そういえば、そのお客さんは近頃みかけないな、とか、
多分仕事かなんかでお忙しいのかな、などと思っていると
その後でそのご本人から電話がかかってくることがある。
「あぁ、どうもマスター?○○ですよ、お久しぶり。来週の何曜日、空いてますぅ?」
コレ、びっくりする。

この間も、しばらくおいでにならないお客さんがいて、どうしているかな、などと、
ミーティング中の空いた時間にポッと浮かんだ。
病院の先生で、口が重く、気難しい顔に威風堂々とした雰囲気のある方で、
その辺りが、実は僕は好きなのである。
ご年配だし、おそらく肉などは控えておいでかも知れないと思っていたら、
その日の夕方にフラリと玄関に立って
「席、ある?」ときたのでびっくりしたが、むしろ、ナイスサプライズでもあった。
「あ、先生、いらっしゃいませ。」と返事したら、うれしそうに笑ってくださった。

古い表現で恐縮であるが、「テレパシー」というか、通ずる気持ちは「不思議なこと」である。
先方が肉を食べたくて、「念」を送ってくださったのか、
僕がポッと思って「テレパシー」を送ったのかよくわからないが、僕にはこういうことがよくある。

先日の日曜の夜に食事をしていたら、家内の母が亡くなったと実家から連絡が入った。
その電話は僕が取って聞いていたが、口の中にトンカツが入っていて、突然の訃報に驚いて、
噛むのを止めて、右の頬にトンカツを押しやり、なんとか返事をした。

雰囲気が重くなり。背中に皆の視線が集まっている。
電話を切り、家内に何て云おうかグルグルと頭の中を返答が駆け巡っている。
振り向いて、家内の顔を見ずに目を伏せて、開口一番「落ち着いて聞いてくれ」とだけ云うと
大きくため息が出て、「母さん?」と家内が聞いた。

実家に向かう車中で、義母のことをボンヤリ考えていた。
享年85歳の家内の母は目も悪く、糖尿も悪化していたらしく、好きな散歩もできなくなっていた。
しかし、今日、明日の命でもなかったご様子と聞いていたので、
何の前触れもなく亡くなられたのは残念であった。
せめて「虫の知らせ」でもあれば、
息を引き取る前に顔をみせてあげたかった。

僕の父が亡くなる2〜3日前に、父は長男の僕と弟を食堂に呼び、聞いたことのない昔の話をしたことがあった。
深夜3時位に話のキリがついて眠ったのだが、
翌々日だったと思う。
脳溢血でアッという間に帰らぬ人となった。
今考えれば、きっとその夜が父と僕らの最後の食卓であったと思い出した。

義母の葬儀の後、家内が形見分けに頂いた箱の中に、 家内と姉妹、義母の楽しそうな写真を見つけた。

店がBSE(狂牛病)騒動ですったもんだしていた頃だったと思う。 何をどう思ったのか、その時、僕が家内に旅行をプレゼントしたらしい。 そうだ、思い出した。

温泉につかり、母を囲み、水いらずで楽しそうにしている。
写真は、今となっては思い出以上の形見である。

その時に僕が今日の「今」を見越したのかどうかは怪しいが、
なんとも妙な気持ちと安堵の気持ちが入り混じっている。

合掌
於、所沢航空公園の天空を
まるで竜にように駆ける飛行機雲を見上げながら……。
トップ   メニュー   店舗案内   ご予約   お知らせ   スタッフ   地図