・厨房思案 第84話
・厨房思案 第83話
・厨房思案 第82話
・厨房思案 第81話
・厨房思案 第80話
・厨房思案 第79話
・厨房思案 第78話
・厨房思案 第77話
・厨房思案 第76話
・厨房思案 第75話
・厨房思案 第74話
・厨房思案 第73話
・厨房思案 第72話
・厨房思案 第71話
・厨房思案 第70話
・厨房思案 第69話
・厨房思案 第68話
・厨房思案 第67話
・厨房思案 第66話
・厨房思案 第65話
・厨房思案 第64話
・厨房思案 第63話
・厨房思案 第62話
・厨房思案 第61話
・厨房思案 第60話
・厨房思案 第59話
・厨房思案 第58話
・厨房思案 第57話
・厨房思案 第56話
・厨房思案 第55話
・厨房思案 第54話
・厨房思案 第53話
・厨房思案 第52話
・厨房思案 第51話
・厨房思案 第50話
・厨房思案 第49話
・厨房思案 第48話
・厨房思案 第47話
・厨房思案 第46話
・厨房思案 第45話
・厨房思案 第44話
・厨房思案 第43話
・厨房思案 第42話
・厨房思案 第41話
・厨房思案 第40話
・厨房思案 第39話
・厨房思案 第38話
・厨房思案 第37話
・厨房思案 第36話
・厨房思案 第35話
・厨房思案 第34話
・厨房思案 第33話
・厨房思案 第32話
・厨房思案 第31話
・厨房思案 第30話
・厨房思案 第29話
・厨房思案 第28話
・厨房思案 第27話
・厨房思案 第26話
・厨房思案 第25話
・厨房思案 第24話
・厨房思案 第23話
・厨房思案 第22話
・厨房思案 第21話
・厨房思案 第20話
・厨房思案 第19話
・厨房思案 第18話
・厨房思案 第17話
・厨房思案 第16話
・厨房思案 第15話
・厨房思案 第14話
・厨房思案 第13話
・厨房思案 第12話
・厨房思案 第11話
・厨房思案 第10話
・厨房思案 第9話
・厨房思案 第8話
・厨房思案 第7話
・厨房思案 第6話
・厨房思案 第5話
・厨房思案 第4話
・厨房思案 第3話
・厨房思案 第2話
・厨房思案 第1話
・マスターの独りごと


・新館マスターのページ
厨房思案 第十六話


「忘却のかなたに消えぬ」

このところご近所の人達よりも遠方からわざわざおいでになるお客様が増えて本当にびっくりしているし、有難いことと頭が下がる思いです。

北海道から九州地方まで、多分、インターネットや何かの口コミでお電話を頂いて、
何月の何日に東京に行く用がありついでに伺うが、席はどうですか?などどいったお話から、
一体全体費用はどの位かかるのかね、とか、
あなたは兵庫のお生まれ?などどいったおたずねまであり、
なるべくわかりやすくご説明をしているが、中には
「アノネ、本当においしいの?」といった方もいらっしゃるので、
僕と致しましては、「おいしい」と云って頂くようにお造りをしております、としかお答えできないので、少し返答に困っていると、
「いや、ツマランことをきいた。そのう、なんだ、きっとおいしい」
と云ってご予約を頂いたこともある。

有難いやら、少し不安になる時もあり、なんとも複雑な気持ちである。
ま、とにかく僕は、そのさまざまな、初めてご来店のお客様のご期待に応えるべく、なるべく気合を入れてお造りしている、がしかし、同時に、平常心も併せて心のどこかにあるわけで、
そうしないとなかなか気合だけで乗り切ろうとすると二日間ぐらいでヘトヘトになってしまうのである。 そうなると、三日目にご来店のお客様にヘトヘトの自分をお見せしたくないので、これはもう長続きするものではないから、ある一定の力で仕事をしている訳である。

肉の仕入れと仕込みなどに気も使うし、他のさまざまなことにも集中するので、なるべく平常心を以って営業に臨むのである。
気を楽にしたり、あるいは場に応じてフッと気を入れたり、臨機に場を読み、流れが強い日などはそのまま放っておいたり、その逆にシャキシャキと動いて活況を呼び込んだりと、自分の感性のあるがままに働いているのである。
そうすると、疲れが残らず平均してお客様に目が届くようになる。(ならない場合もあります)

いつだったか、そんな平常心が見事にハズレてしまった事がある。
若い娘さんがご両親をお連れして、自分で働いたお金でお父さんとお母さんに焼肉をふるまっていた。 なんともいえぬホッとする雰囲気で、親に、「これもおいしい」「アレもうまい」などと熱心に勧めている。 親子の食事もたまにはいいものだな、と思っている内に、自分の若い頃をつい思い出してしまった。

親孝行など覚えがない。
僕は、学校の勉強もそこそこにすいぶんと親を困らせて、自分の好き勝手に生きていた。
挙句に父が大病して入院し、死ぬか生きるかの瀬戸際にも、看病は母にまかせてどこかをほっつき歩いて、やりたい放題を繰り返し、おまえは本当に人間になるのか?と自分で思った程だった。

そんな事を思い出しているうちに、急に店が忙しくなり、オーダーは聞き違えるは、洗ったコップを割るは、ついには頭を冷やしに外へ出てしまった。

「何が平常心なものか……。」

今年で77歳の母は何事もなかったかのようにあるがままに生き、今も現役の母であり、唯一残された私達の母でもある。母には、亡くなった父にしてあげられなかったことをしたつもりでいるが、叶うならは、あの娘さんの年頃に戻り父と母を食事にさそいたい。
於、本店、彼岸に思う父の横顔

トップ   メニュー   店舗案内   ご予約   お知らせ   スタッフ   地図