・厨房思案 第84話
・厨房思案 第83話
・厨房思案 第82話
・厨房思案 第81話
・厨房思案 第80話
・厨房思案 第79話
・厨房思案 第78話
・厨房思案 第77話
・厨房思案 第76話
・厨房思案 第75話
・厨房思案 第74話
・厨房思案 第73話
・厨房思案 第72話
・厨房思案 第71話
・厨房思案 第70話
・厨房思案 第69話
・厨房思案 第68話
・厨房思案 第67話
・厨房思案 第66話
・厨房思案 第65話
・厨房思案 第64話
・厨房思案 第63話
・厨房思案 第62話
・厨房思案 第61話
・厨房思案 第60話
・厨房思案 第59話
・厨房思案 第58話
・厨房思案 第57話
・厨房思案 第56話
・厨房思案 第55話
・厨房思案 第54話
・厨房思案 第53話
・厨房思案 第52話
・厨房思案 第51話
・厨房思案 第50話
・厨房思案 第49話
・厨房思案 第48話
・厨房思案 第47話
・厨房思案 第46話
・厨房思案 第45話
・厨房思案 第44話
・厨房思案 第43話
・厨房思案 第42話
・厨房思案 第41話
・厨房思案 第40話
・厨房思案 第39話
・厨房思案 第38話
・厨房思案 第37話
・厨房思案 第36話
・厨房思案 第35話
・厨房思案 第34話
・厨房思案 第33話
・厨房思案 第32話
・厨房思案 第31話
・厨房思案 第30話
・厨房思案 第29話
・厨房思案 第28話
・厨房思案 第27話
・厨房思案 第26話
・厨房思案 第25話
・厨房思案 第24話
・厨房思案 第23話
・厨房思案 第22話
・厨房思案 第21話
・厨房思案 第20話
・厨房思案 第19話
・厨房思案 第18話
・厨房思案 第17話
・厨房思案 第16話
・厨房思案 第15話
・厨房思案 第14話
・厨房思案 第13話
・厨房思案 第12話
・厨房思案 第11話
・厨房思案 第10話
・厨房思案 第9話
・厨房思案 第8話
・厨房思案 第7話
・厨房思案 第6話
・厨房思案 第5話
・厨房思案 第4話
・厨房思案 第3話
・厨房思案 第2話
・厨房思案 第1話
・マスターの独りごと


・新館マスターのページ
厨房思案 第十七話


「創業は路地裏からお腹を空かせて始めましょう」

毎晩ラストオーダーが入るとそろそろ我々の「まかない」も一緒に仕込んでおく。

ぐずぐずしていると従業員の空腹もピークに達するし、かと云ってお客さんのオーダーを優先で造るので、ついつい我々のメシは後回しになってしまうこともしょっちゅうなのだが、
お米が売りきれたりした時などは、冷麺を食べたり、
忙しい時などは、うどんを煮てさっとすませてしまうこともある。
だいたい土曜の夜は仕事の後に切り落としの肉をサッと炒めてごはんの上にかけて牛丼にする。

あれはいつだったか、従業員のバースディに「おまえ、何が望みだえ?」と聞いたら
「あ、鮨なんか……、スイマセン……」と云うので、
”こんな夜中の丑三つ時(おおむね深夜2時位)に一体どこで?”と思ったが
とにかく仕事を終えて、車に乗り、24時間やっている店にみんなで行った。

普段自分達で造る店のまかないもいいが、たまには従業員と一緒に外食もいいじゃないか、
と思って入ると、とてつもなく大きな店で、最高に騒がしい店内に圧倒されてしまった。
働いている人達も、なんか声はやけに大声だがいくぶん疲れているようにも見える。
見廻すと、お客さん方も、飲むわけでもなく、食べるといった風でもない。
終わりのない話に手をたたき、奇声を張り上げタバコを山のように吸っていた。
テーブルの上には乾いてしまったマグロの赤身が皿にくっついているし、

やれやれ……、まいったねぇ。

我々はお腹も空いているし、こんな夜中の丑三つ時に人が造ってくれたメシを頂けるんだからと自分に言い聞かせているが、出て来た「お鮨」の盛り合わせは、立派な塗り物の器にごはんつぶがくっ付いた、ちょっと情けないシロモノだった。

でもねぇ、仕方ないわさ。
お店も広すぎるし、おやじさん、というか店主がいるような所でもなし、無理もない。
あるもんだ、こういうことは。

しばらく座っていたが、あまりにもにぎやかなので店を出てしまった。
今のこういう時代には、こういう店も必要なのだろうが、
あと何十年もしたら、もう、こういう大型店よりも、むしろ今時の若い人達が、
もう少しこじんまりとした所でいいから、
とてもおいしくて、シェフも気力に満ちていて、一つの事を専門として店を造ってもらいたい。

自分の思った通りにやればいい。
自分のやっている事が途中でブレていたら、なぁに、元に戻せばいい。
お鮨でもトンカツでも、何でもいい。
食べ物だけでなく、若い人達が小さい店舗から始めて、美容師やデザイナーでもいいし、
職人さんなら、あちこちから注文が来るようなことを目指してもらいたい。
そして少しウルサイがいい仕事をするおやじさんか、目はしの利くおかみさんになってほしい。

なぜか、あのにぎやかなビアーホールともお鮨屋さんとも思えない所で、黙々と鮨をほおばるコウジ達の顔を見ながら、つい、そんなことを考えてしまったのですよ。

僕が歳をとってヨボヨボのおじいさんになっても、
今時の若い人達が造ったファッションやデザインや文化や食物など、彼等が創造した仕事をこの目で見てみたい。
しかし、彼等に負けるのはいやだから、体を鍛えて、その時になってジャマ者扱いされないように、今から心構えをしているのであります。
於、自宅
久し振りに実家に帰ってきたクロス内装職人(見習い)の息子の寝顔をみる。
おれも頑張るからおまえも貫けよ、とつぶやく……。


トップ   メニュー   店舗案内   ご予約   お知らせ   スタッフ   地図