・厨房思案 第84話
・厨房思案 第83話
・厨房思案 第82話
・厨房思案 第81話
・厨房思案 第80話
・厨房思案 第79話
・厨房思案 第78話
・厨房思案 第77話
・厨房思案 第76話
・厨房思案 第75話
・厨房思案 第74話
・厨房思案 第73話
・厨房思案 第72話
・厨房思案 第71話
・厨房思案 第70話
・厨房思案 第69話
・厨房思案 第68話
・厨房思案 第67話
・厨房思案 第66話
・厨房思案 第65話
・厨房思案 第64話
・厨房思案 第63話
・厨房思案 第62話
・厨房思案 第61話
・厨房思案 第60話
・厨房思案 第59話
・厨房思案 第58話
・厨房思案 第57話
・厨房思案 第56話
・厨房思案 第55話
・厨房思案 第54話
・厨房思案 第53話
・厨房思案 第52話
・厨房思案 第51話
・厨房思案 第50話
・厨房思案 第49話
・厨房思案 第48話
・厨房思案 第47話
・厨房思案 第46話
・厨房思案 第45話
・厨房思案 第44話
・厨房思案 第43話
・厨房思案 第42話
・厨房思案 第41話
・厨房思案 第40話
・厨房思案 第39話
・厨房思案 第38話
・厨房思案 第37話
・厨房思案 第36話
・厨房思案 第35話
・厨房思案 第34話
・厨房思案 第33話
・厨房思案 第32話
・厨房思案 第31話
・厨房思案 第30話
・厨房思案 第29話
・厨房思案 第28話
・厨房思案 第27話
・厨房思案 第26話
・厨房思案 第25話
・厨房思案 第24話
・厨房思案 第23話
・厨房思案 第22話
・厨房思案 第21話
・厨房思案 第20話
・厨房思案 第19話
・厨房思案 第18話
・厨房思案 第17話
・厨房思案 第16話
・厨房思案 第15話
・厨房思案 第14話
・厨房思案 第13話
・厨房思案 第12話
・厨房思案 第11話
・厨房思案 第10話
・厨房思案 第9話
・厨房思案 第8話
・厨房思案 第7話
・厨房思案 第6話
・厨房思案 第5話
・厨房思案 第4話
・厨房思案 第3話
・厨房思案 第2話
・厨房思案 第1話
・マスターの独りごと


・新館マスターのページ
厨房思案 第二十話


「我が家の文化遺産」

僕の家では昔から食べることに熱心で、父などは食事の作法から夕飯の献立までいちいち口をはさみ注文をつけていた。盛り付けなどにも、「こうしなさい」とか「アレは良くない」などと云うし、 かと思えば何も云わずに手を付けないこともしばしばであった。

父は昭和元年(大正15年)生まれであったが、時代のなごりで、夕飯の献立は父用と我々子供ふぜいとに分かれていて、野菜の煮物と大根の葉入りの汁という下級武士並みのおかずに比べて、父のおかずは牛肉などという別格の献立であり、その献立に母に文句を云い、
母は、父の残したはしくれを長男の僕にだけ分けてくれたのを覚えている。

しかし、そういう父に対して母は実にあっけらかんとした感じで、父の、アアでもない、コウでもないという注文に、時には鼻歌まじりで台所で何かを造ったりしていたのだが、
あれは、確か、
遠足のお弁当に特大の稲荷寿司があった時は、
(油揚げの中にごはんがギッシリと詰めてあり、しかも二個なのだ)
女友達に「それは何なの?」と聞かれ、 彼女の弁当の中をチラリと見れば、
サンプル品のように美しく並んだ見事な稲荷寿司がかんぴょう巻きと上手に配置されていて、僕は言葉を失ってしまった。 この普通の2倍程はある稲荷寿司に、家に帰ったとき、母に、恥ずかしくて食べなかったと八つ当たりしたら、 さすがの母も相当キレて、父からも相当しぼられ、母はしばらく口を利いてくれなかった。
それからしばらくして、運動会だったと思うが、
昼食に父や母と広げたお弁当の中に、前回よりいくぶん小ぶりのきちんと並んだ稲荷寿司を見た時は、子供ながらいたく感動し、母のチャレンジと改良のスピリットにとても感心をしたのであります。

その母は、八十歳に手が届く歳になっても、今も現役でキムチ造りに励んでいるが、最近は体の調子をみながら、疲れては休み、いくぶん元気のあるときは朝5時から起きて昼時まで台所にいるか、買い物に出掛けている。 そのパワーには圧倒されます。

この間もするめイカとネギにコチジャン、ニンニクを少し入れた煮付けのにおいで目が覚めた。

ツマミ喰いすると、島根県産の良質のイカ、
群馬の下仁田ねぎの甘い風味が口の中に広がる。
そもそもこの献立は、生前、父の好物であったし、我が家の定番メニューであった。
例によって、いく度となく父から注文のついた品であったが、数えてみると40年以上の年月を経て改良を繰り返し今に至った、懐かしい我が家のおかずなのである。

しかしまぁ、考えてみれば僕も弟もまた嫁に行った妹なども、人様からお金を頂いて食べ物を造っている商売をしている訳だから、そういう父や母のチャレンジと改良という(少しオーバーです)我が家の文化遺産みたいなものは我々子供達に脈々と受け継がれているので、まぁ、父と母には改めて感謝をしている訳であります。
於、自宅

トップ   メニュー   店舗案内   ご予約   お知らせ   スタッフ   地図