・厨房思案 第84話
・厨房思案 第83話
・厨房思案 第82話
・厨房思案 第81話
・厨房思案 第80話
・厨房思案 第79話
・厨房思案 第78話
・厨房思案 第77話
・厨房思案 第76話
・厨房思案 第75話
・厨房思案 第74話
・厨房思案 第73話
・厨房思案 第72話
・厨房思案 第71話
・厨房思案 第70話
・厨房思案 第69話
・厨房思案 第68話
・厨房思案 第67話
・厨房思案 第66話
・厨房思案 第65話
・厨房思案 第64話
・厨房思案 第63話
・厨房思案 第62話
・厨房思案 第61話
・厨房思案 第60話
・厨房思案 第59話
・厨房思案 第58話
・厨房思案 第57話
・厨房思案 第56話
・厨房思案 第55話
・厨房思案 第54話
・厨房思案 第53話
・厨房思案 第52話
・厨房思案 第51話
・厨房思案 第50話
・厨房思案 第49話
・厨房思案 第48話
・厨房思案 第47話
・厨房思案 第46話
・厨房思案 第45話
・厨房思案 第44話
・厨房思案 第43話
・厨房思案 第42話
・厨房思案 第41話
・厨房思案 第40話
・厨房思案 第39話
・厨房思案 第38話
・厨房思案 第37話
・厨房思案 第36話
・厨房思案 第35話
・厨房思案 第34話
・厨房思案 第33話
・厨房思案 第32話
・厨房思案 第31話
・厨房思案 第30話
・厨房思案 第29話
・厨房思案 第28話
・厨房思案 第27話
・厨房思案 第26話
・厨房思案 第25話
・厨房思案 第24話
・厨房思案 第23話
・厨房思案 第22話
・厨房思案 第21話
・厨房思案 第20話
・厨房思案 第19話
・厨房思案 第18話
・厨房思案 第17話
・厨房思案 第16話
・厨房思案 第15話
・厨房思案 第14話
・厨房思案 第13話
・厨房思案 第12話
・厨房思案 第11話
・厨房思案 第10話
・厨房思案 第9話
・厨房思案 第8話
・厨房思案 第7話
・厨房思案 第6話
・厨房思案 第5話
・厨房思案 第4話
・厨房思案 第3話
・厨房思案 第2話
・厨房思案 第1話
・マスターの独りごと


・新館マスターのページ
厨房思案 第三十一話


「ごひいきのすすめ、その2」

焼肉くにもとは本店を兄の僕がやり、新館を弟が仕切り、それぞれ独立店として営業をしている。
時々、もう少し店を増やしてみては?などと声をかけて頂くが、僕も弟も今のところ増やすつもりはない。 景気、不景気の波もあるが、もともとそのような店舗というものは やたらに増やさずとも店主の目の届く中でやる、が僕たちの基本の形なので、今までも1店舗でやってきた。
まぁ、いづれ、今ウチで見習っている若い人達が独立すれば、それが初めての出店となるかも知れない。 僕も弟も自分達の目の黒い内は、店主が現場にいて直接お客さん方や現場の雰囲気というものをハダで感じ取れるようにしている。

どころで、この間久しぶりにテレビを観ていて、立川談志さんの「芝浜」という落語を聞いた。
落語は子供の頃によく聞いたが立川さんのこの落語、良かったです。
で、その「芝浜」のハナシの中で、ひとつゾクッときたというか、感動した件(くだり)がある。
そもそもこのハンシは、多分、江戸時代の芝浜という所だから、おそらく今の東京の浜松町あたりだと思うが、違っていたらゴメンナサイ。
何故そういうかというと、当店の町会は実は「芝浜四丁目」というのですよ。
で、まぁ、僕がゾクッときたというのはこの町会のことではなく、ハナシの主人公の家業、魚屋さんの魚の目利きの件にビビッときたのである。

おかみさんに口ウルサク起こされて、「本業の魚売りに一体何時になったらいくの?」と何度も云われてやっとのことで魚を仕入れに行く、というハナシの始まりだが、 このハナシの主人公、働き者でもなく、酒好きで、ぐうたらとまではいかないが、まぁ当時の江戸の下町にいくらでもいるタイプの人であるらしい。
しかし、こと仕事に臨めば、魚の仕入れにおいてその目利きの眼力、右に出る者なし、
「アイツの魚はどういう訳か知らねぇがうめぇ」と談志名人が話す件(くだり)が面白い。
ここんとこで僕はビビッときたのである。
僕はむしろこの魚屋のご主人になりたいと思うのである。
僕はぐうたらでもないし酒好きでもないが、
「何故かしらくにもとの親父が造る肉はうめぇな、おい」
とお客様に云っていただけたら、もう僕は十分幸せなのである。
それを本領としたい。

落語も歌舞伎も映画もごひいきの役者がいるように、”余人を以て代え難し”という所が良い。
食べる物だって、あの店のおかみさんが造るおでんはおいしいとか、そこの角のそば屋のおっさんが造るソバがうめぇから通うんだとか、 そういうのも、もっとあっていい。
ウチで働く若い人達にその辺りのところを感じとってほしいで思う。
じゃぁどうしたらいいの?と思うだろから、僕はいつも口をすっぱくしている。
それは”真心を以て正義を行う”ことだと思っている。
なんとなくこの先はそう云う真っ当なものしか残れないような気がするのである。

歩いていたらそこに店があって”とりあえず入るか”という時代から、
なんとしてもあそこの角を曲がって階段を上り、 あるいは、通りの先を越えてやっと着いて店に入ったと云うような”苦労をしてもそこの店のだれだれが造る何かを食べに来てくださるような店”をぜひ、今の若い人達に目指して頂きたいと思う訳です。

僕は「芝浜」のクライマックスでとうとう泣き出してしまい、談志名人のハナシに夢中になったが、 余人を以て代え難しを地でいくような「芝浜」を聞いて、久しぶりに感動をした訳です。
トップ   メニュー   店舗案内   ご予約   お知らせ   スタッフ   地図