・厨房思案 第84話
・厨房思案 第83話
・厨房思案 第82話
・厨房思案 第81話
・厨房思案 第80話
・厨房思案 第79話
・厨房思案 第78話
・厨房思案 第77話
・厨房思案 第76話
・厨房思案 第75話
・厨房思案 第74話
・厨房思案 第73話
・厨房思案 第72話
・厨房思案 第71話
・厨房思案 第70話
・厨房思案 第69話
・厨房思案 第68話
・厨房思案 第67話
・厨房思案 第66話
・厨房思案 第65話
・厨房思案 第64話
・厨房思案 第63話
・厨房思案 第62話
・厨房思案 第61話
・厨房思案 第60話
・厨房思案 第59話
・厨房思案 第58話
・厨房思案 第57話
・厨房思案 第56話
・厨房思案 第55話
・厨房思案 第54話
・厨房思案 第53話
・厨房思案 第52話
・厨房思案 第51話
・厨房思案 第50話
・厨房思案 第49話
・厨房思案 第48話
・厨房思案 第47話
・厨房思案 第46話
・厨房思案 第45話
・厨房思案 第44話
・厨房思案 第43話
・厨房思案 第42話
・厨房思案 第41話
・厨房思案 第40話
・厨房思案 第39話
・厨房思案 第38話
・厨房思案 第37話
・厨房思案 第36話
・厨房思案 第35話
・厨房思案 第34話
・厨房思案 第33話
・厨房思案 第32話
・厨房思案 第31話
・厨房思案 第30話
・厨房思案 第29話
・厨房思案 第28話
・厨房思案 第27話
・厨房思案 第26話
・厨房思案 第25話
・厨房思案 第24話
・厨房思案 第23話
・厨房思案 第22話
・厨房思案 第21話
・厨房思案 第20話
・厨房思案 第19話
・厨房思案 第18話
・厨房思案 第17話
・厨房思案 第16話
・厨房思案 第15話
・厨房思案 第14話
・厨房思案 第13話
・厨房思案 第12話
・厨房思案 第11話
・厨房思案 第10話
・厨房思案 第9話
・厨房思案 第8話
・厨房思案 第7話
・厨房思案 第6話
・厨房思案 第5話
・厨房思案 第4話
・厨房思案 第3話
・厨房思案 第2話
・厨房思案 第1話
・マスターの独りごと


・新館トピックス
厨房思案 第三十六話


「自分が本当に望んだこと」

今から12年程前に店を開業した頃というのは、今のような本格の焼肉というものではなく、
少しまとまりのない、何と云うか、居酒屋でもなく焼肉屋でもなくて、無国籍に近い、まぁ要は訳の分からない店であった。
料理が好きだったし、お客様に要望があれば何でも造っていたが、ポリシーとかモットーなどというものはなくて、一体何の店か自分でもよく分からなかったのだ。 そんな調子であるから、何ら人を感動させてよろこんで頂くという風にはゆかなかったし、 お客様は僕の造った料理をつまみに相当に酔って、中にはグデングデンのヘベレケの酔いどれ天使も少なくなかった。
であるから、毎夜、厨房に入るたびに息が詰まりそうな日々を送っていたのである。

注文すれば酒が出て、料理が出る。
その当時のくにもとには何の感動もなく、ストーリーもない。
ただ僕は義務感のかたまりのようになって、ひたすら働くことに専念して、
「ああ、おれは面白くない」を心の中でくり返していたように思う。
こんな日々を送っていたら、その内に相当のオジンになって、顔もゾンビのようになり、きっと頭もボケてただ生きているだけのサイボーグになってしまう。
もうこんなことは止めてしまおう。
食べてゆくなら何をしても女房と子供は喰わしてゆける。などと真剣に思っていた。
同時に、何故こんな風になってしまったのか、今になって回想すれば思い当たるふしもあるが、なにせ当時はそんなことを考えても答えなど見あたらない。ただやみくもに進み、働けば先が見えてくるような気がしただけだ。

そんなことをくり返す内に、自分の心の中の本当に憧れる何かを自問する日々というか、時間が過ぎてゆき、 自分は「本物」というものに憧れた。
「本物」、つまり信用における唯一の物、人、何でも。
例えば素材ひとつとっても、牛肉であるならば最高の肉。
誰もが認めてくれる、おいしと本当に心から満足できる本物の味というものに少しづつ関心を持ったし、 お客様から、「こういう時はくにもとへ行け。」というような信用のかたまりのような男になりたいと思っていたのである。
ところがそういう苦悩の時期がずいぶんあって、何かの時に「あっ」と思い立つことがあって、
自分という人間はお客様からそういう信用というものがなかったのではないか。
焼肉とも居酒屋とも区別のない当時のくにもとで「ああ、おれは面白くない」をくり返していた自分にどれほどの信用があったというのだ。
いや、これは大変な思い違いをしたものだ。
自分自身が感動もないのに、人様に感動をして頂くなんて飛んでもない。
もうこうなっては自分の進むべき道はひとつしかない。

弟の助言もあって、僕は本格の焼肉をやろうと決めたのである。
モヤモヤとした形のない自分の未来に、自分の感だけを頼りに、
店がつぶれてもかまうものか、おれは牛肉しかやらない、 と熱い気のようなものが体から出てくるような気がした。

今もこうして焼肉をやって、弟とあいも変わらずああでもないこうでもないの日々を過ごしているが、 自分達が今やっていることは、何かこう、心がわくわくして心底楽しめるようなことにしている。 その気持ちはきっと人に伝わるし、時に感動も覚えるだろう。
厨房に入る時は、魚が水を得た時のようにいきいきとして目を輝かせ、充分に息をする。
この瞬間は、自分が本当に望んだことなのでそれが叶ってとてもうれしい。
於、本店・厨房
<あとがき>
なんやかんやとふりかえれば試行錯誤の人生だけど、今の自分に感動をしている。
おそらくこの先も、すったもんだの人生かも知れないがなんとか生きてゆけるだろう。
自分の弟をほめるのは実にみっともないが、
あいつのガツンがなければ今の僕はないかも知れない。

トップ   メニュー   店舗案内   ご予約   お知らせ   スタッフ   地図