・厨房思案 第84話
・厨房思案 第83話
・厨房思案 第82話
・厨房思案 第81話
・厨房思案 第80話
・厨房思案 第79話
・厨房思案 第78話
・厨房思案 第77話
・厨房思案 第76話
・厨房思案 第75話
・厨房思案 第74話
・厨房思案 第73話
・厨房思案 第72話
・厨房思案 第71話
・厨房思案 第70話
・厨房思案 第69話
・厨房思案 第68話
・厨房思案 第67話
・厨房思案 第66話
・厨房思案 第65話
・厨房思案 第64話
・厨房思案 第63話
・厨房思案 第62話
・厨房思案 第61話
・厨房思案 第60話
・厨房思案 第59話
・厨房思案 第58話
・厨房思案 第57話
・厨房思案 第56話
・厨房思案 第55話
・厨房思案 第54話
・厨房思案 第53話
・厨房思案 第52話
・厨房思案 第51話
・厨房思案 第50話
・厨房思案 第49話
・厨房思案 第48話
・厨房思案 第47話
・厨房思案 第46話
・厨房思案 第45話
・厨房思案 第44話
・厨房思案 第43話
・厨房思案 第42話
・厨房思案 第41話
・厨房思案 第40話
・厨房思案 第39話
・厨房思案 第38話
・厨房思案 第37話
・厨房思案 第36話
・厨房思案 第35話
・厨房思案 第34話
・厨房思案 第33話
・厨房思案 第32話
・厨房思案 第31話
・厨房思案 第30話
・厨房思案 第29話
・厨房思案 第28話
・厨房思案 第27話
・厨房思案 第26話
・厨房思案 第25話
・厨房思案 第24話
・厨房思案 第23話
・厨房思案 第22話
・厨房思案 第21話
・厨房思案 第20話
・厨房思案 第19話
・厨房思案 第18話
・厨房思案 第17話
・厨房思案 第16話
・厨房思案 第15話
・厨房思案 第14話
・厨房思案 第13話
・厨房思案 第12話
・厨房思案 第11話
・厨房思案 第10話
・厨房思案 第9話
・厨房思案 第8話
・厨房思案 第7話
・厨房思案 第6話
・厨房思案 第5話
・厨房思案 第4話
・厨房思案 第3話
・厨房思案 第2話
・厨房思案 第1話
・マスターの独りごと


・新館マスターのページ
厨房思案 第四十話

「祖父と私」

お客様商売をしていながら、なかなかこうお手本となるような接客ができずにいる。
ホテルや一流店によく出掛けてプロフェッショナルな一挙手一投足を見るにつけ、
これは見事なもので、いやしかしとうてい自分には覚つかぬことだとハナからあきらめている。

一体全体どこでそんな行儀を覚えたかなどと云う場合は、目をつぶらずに言葉を選びながら申し上げる。 こんな調子だから一向に接客業というものに慣れないでいるが、
だからと云って、お客様がご来店してよろこんで召し上がって頂ければうれしいと思う気持ちやを忘れたことははない。 サービス業の定義なるものがあったにせよ、それははなはだ大ざっぱなような気がして、 各企業とか各店舗それぞれの体質に合ったものが多いのかもしれぬ。

僕の祖父は生前、事業をいくつかしていたようで、もし生きていたら
「おまえは一体何を考えている。こんなボロ店一軒でどうする。」
などとハッパをかけたに違いない。
「もっともっと働いて、いつもニコニコとして、このくにもとを拡大して全国に名をとどろかせて……」などと云うかも知れない。
もっと働いてに異存はないが、今のままのほうが良い。
人間の器で云えば大きいという程でもなく、むしろ小さいかも知れぬが、この方が性に合っていると思っている。

本店の僕や新館の弟はそれぞれ一度に造れる肉は一日で30人前位がせいぜいである。
100人前、200人前は、造れないことはないがそのようなことはしない。
第一それ程予約もないし、あったにせよ受けない。
仕事がパターン化して良くないし、お金にはなるが途中で嫌になるかもしれないので広げないのだ。 接客も仕込みもこの焼肉の仕事も、全部全うしようと目標をかかげないし、自分が嫌にならないように程々にすることにする。 祖父が聞いたらそれこそ「おまえという奴は……」などと云って、父と一緒に墓から飛び出してくるような心持ちだ。

仏壇に手を合わせて、「これは僕の流儀だ」となかなか声に出して云えないが、
お客様があっての商売であると云うことは祖父も僕もきっと同じ心持ちである、と自分にいい聞かせている。
於、本店厨房
トップ   メニュー   店舗案内   ご予約   お知らせ   スタッフ   地図