・牛肉部位解説第5号
・牛肉部位解説第4号
・牛肉部位解説第3号
・牛肉部位解説第2号
・牛肉部位解説第1号
・牛肉の種類
・お肉の等級とは…
・当店のお肉は…
用語解説(牛肉の部位に関する呼びな)第2号
リブロース 最も厚みのある部分で霜降りの入りやすいところです。
お肉が持つ本来の旨み・やわらかさ・見事なまでの霜降り・脂の甘み……まさに「旨さがつまった」部位といえるでしょう。 焼肉をもちろんのこと、すき焼き・ステーキ・しゃぶしゃぶ・ローストビーフなど、どんな料理にも合います。

シンタマ 後ろ脚の付け根部分にあたるモモ系部位です。
きめの細かい、やわらかくてさっぱりした味わいが特徴の赤身のロースです。 刺身、タタキなどなんでも大変美味しく召し上がれます。 関西名「マル」、英名「シックフランク」

トモサンカク 前述のシンタマの一部で、美しい霜降りが入り、モモの味わいにコクを加えたような大変美味な希少部位です。 焼肉にはもってこいの部分です。

ヒレ 一頭の牛からわずか3%程度しかとれなく、牛肉の中では1番やわらかく最も高く評価される部位です。 この中でも最も厚くやわらかい部分を「シャトーブリアン」と呼び、高級フランス料理店などではこの部分だけを利用します。 加熱しすぎると表面が固くなってしまいますので、あまり焼きすぎないのが美味しく召し上がるコツです。
関西名「ヘレ」、英名「テンダーロイン」

サーロイン ご存知、ステーキ用としておなじみの部位で、大変やわらかく霜降りが多いのが特徴です。 そんな焼き加減にも対応できる優れた肉質を持っております。 口の中」に入れた時の風味がとても良く感動すること間違いなしです。


本日はこの辺で……、また次回のお楽しみに。
店主

トップ   メニュー   店舗案内   ご予約   黒毛和牛のこと   スタッフ   お知らせ   用語解説   地図
焼き肉くにもとはお客様の「美味い!」の一言が聞けるよう最善の努力を続けます。