・牛肉部位解説第5号
・牛肉部位解説第4号
・牛肉部位解説第3号
・牛肉部位解説第2号
・牛肉部位解説第1号
・牛肉の種類
・お肉の等級とは…
・当店のお肉は…
用語解説(牛肉の部位に関する呼びな)第5号
ゲタカルビ あばらの骨と骨の間にある部分です。
有名なメニューとして「骨付きカルビ」が挙げられます。
骨の周りなので柔らかく、しかも骨から出る旨みをたっぷり含んでいて、美味しいです。
バラのゲタが主ですが、リブロース、肩ロース等のゲタも、少量しか取れませんが旨みが深いです。


※当店で主に扱う内臓肉をご紹介していきます。
ミノ 第一胃袋です。
切り開いた形状が雨具の「蓑(みの)」に似ていることが名前の由来と言われています。
クセがなく、淡白な味わいとコリコリとした独特な食感で、根強い人気があります。 ホルモンが苦手という方にもお勧めです。

ハチノス 第二胃袋です。
その名の通り内面が蜂の巣状になっています。
生のままでは非常に硬く、臭気が強いので一般にボイルして下処理されたものが出されています。
柔らかい食感で、タレとの相性が抜群です。
イタリア料理ではハチノスのことを「トリッパ」と呼び、トマト煮などでお馴染みとなっております。


以上で、用語解説は終了とさせていただきます。
細分化すると、他にもたくさんの部位がありますが主な部位をご紹介させて頂ました。
店主

トップ   メニュー   店舗案内   ご予約   黒毛和牛のこと   スタッフ   お知らせ   用語解説   地図
焼き肉くにもとはお客様の「美味い!」の一言が聞けるよう最善の努力を続けます。